image2x11
2012年の夏に呼んでいただいて以来、毎年出演をさせていただいている空港音楽祭。杉浦哲郎が監修も務め、「新年交宴会」と銘打たれたこのコンサート。

第2部を、いつもスギテツが担当していますが、今回のスペシャル企画はまず、山本爽楽くんという中学1年生の少年のヴァイオリンとピアノによるオリジナル曲。ご本人が岡田鉄平との共演を熱望し、それが実現をしてしまいました。クオリティの高い楽曲と演奏、まさに天才少年でした!

続いては、名フィルのメンバーで構成される名古屋ヴィルトゥォーゼンとのコラボでスギテツのレパートリーを熱演、フィナーレは新春スペシャルということで、この日のために杉浦が編曲した、ニューイヤーコンサートの定番曲、ヴェルディの「乾杯の歌」をベースにした「酒メドレー」。

1部で出演をされていたソプラノの二宮咲子さん、空港音楽祭のイベントステージに出演していて、スギテツとも過去に共演をしたことがあるニューオリンズスタイルのジャズシンガー&ピアニスト、泉沢果那さん、パーカッションに奥村将和さんをお迎えして、15分にわたる大曲で盛り上がりました。

乾杯の歌、舟唄、酒とバラの日々、テキーラと、国際空港らしくさまざまな国のお酒にまつわる名曲で、客席からはブラボーの嵐となりました。

共演&ご来場いただいた皆様、スタッフの皆様、セントレアの関係者の皆様、ありがとうございました!