03/30&31 岡田鉄平ソロアルバム「GERSHWIN 」レコーディング


3月最後の週末は、来月下旬にリリースされる岡田鉄平のクラシックソロアルバムのレコーディングでした。

世界各国の「国別」の作曲家をフィーチャーした今回の作品は、ミニアルバムの限定盤としてシリーズ化をしてゆく予定で、第1弾は、アメリカの作曲家にフォーカスを当てた作品です。アルバムタイトルともなっているガーシュインを中心に、バーバーのヴァイオリン協奏曲やフォスターの名曲なども交えた全8曲。

ピアノは昨年の「仙台クラシックフェスティバル2018」で初共演となった石川祐介氏。さらに、杉浦哲郎も2曲、そしてソロアルバムでは初となる、クラシックギターとヴァイオリンのデュオでも1曲収録されました。演奏はスギテツのコンサートやアルバムでもお馴染みの真鍋貴之氏です。

このシリーズは、基本コンサート会場とネット通販のみの販売となります。初売りはもちろん今月のツアー初日の東京公演より。

間もなくアルバムの詳細情報もアップされる予定です。皆様、楽しみにしていてください!