福岡県の北部に位置する直方市。昨年夏にJR博多シティの夏休みの企画以来の福岡県内でのワークショップが、駅前にあるホール「ユメニティのおがた」で開催されました。

3年連続で出演をさせていただいているこのホールですが、今回はステージを使わず、客席には長机がびっしりスタンバイされた講義モード。参加される方には楽器の持参をお願いしていたのですが、ヴァイオリンの子供が3名、鍵盤ハーモニカ、リコーダー、パーカッション、そして珍しいところではロシアの楽器テルミンのマトリョーシカバージョン、マトリョミンを持って来た方もいらっしゃいました。
抜き打ちテスト、フィナーレの合奏も盛り上がり、楽しいワークショップとなりました。
参加していただいた皆様、ユメニティのおがたのスタッフの皆様、ありがとうございました!